お金がないと不安になる理由

生活をしていくうえで毎月出費していくことを考えるとお金がないというのは強烈なストレスになるのは誰にとっても当然であります。

上のグラフは自殺する原因の統計ですが、1位は健康面になり47%です。

2位が経済面になりますが、3位・4位も良く見ると労働に関連することで収入が少ないのが起因していると思われます。

男女別で調べてみると、40代・50代の男性の自殺率は1位が経済面になっています。

この年齢になると扶養すべき負担が大きく、お金がないでは済まされない状態で不安がストレスとなり精神的に病んでしまうことが多いようです。

不安やストレスを解消する方法

人間は不安を感じることが多い理由としては、先々が検討が付かない、将来がどうなるか分からないとストレスを感じるようになります。

犬に例えると、可愛いワンちゃんとスーパーに行って店内に同伴できないので外で繋いでおくと物凄い不安そうな感じで吠えるのを知っていると思います。

我々もそうで、お金がないことで1年後、5年後、10年後がどうなるか心配になるのです。

解消する方法としては、将来をきちんと予測することが出来れば取りあえずはストレスが軽減します。

予測というのは正確に現在の貯蓄と毎月の収入と支出から波形でシミュレーションして1年後~10年後はどうなっているか、見通すことができれば不思議と不安がなくなるのです。

例え5年後に300万円の借金をしないとならないとシミュレーションできたとしても、何も見えない状態よりはストレスが解消されるはずです。

そして、この10年で誰もが不安を感じたのが東北大震災直後で多くの独身女性が中古マンションの購入に走ったのは先が見えない金銭的な恐怖からです。

世の中で一番恐怖を感じるのは見えない暗闇なのです。

お金がないストレスを感じる意外な理由

裕福か貧乏かは数値として貧困率という計算式がありますが、お金がないストレスを感じるのは同世代の他人と比べた時の相対的な幸せの場合が多いです。

同期の出世や一戸建ての購入、横目で羨ましく思いながら自分と他人を自然と比べてしまい不安を感じてしまいます。

他人と比べないようにすることで脳科学的にもミラーリングという比較をしなくなりますが、普通はなかなか難しいことです。

そうするとお金がないストレスを軽減するには、一番は貧困層が多い街に引っ越すことで不安を優越感に変えることです。

創価学会のような宗教団体で人が多数集まる理由の一つとしては、集団になることで湧き上がる不安を消せたような錯覚に陥ることです。

分かりやすく説明すると、誰もが貧困なので傷の舐めあいになり過剰なストレスが抑えられるというものです。

創価学会では貧乏人や病人が多いのは数多くの集団になることで精神的に楽になるからなのです。

やはり、お金がない人は無理して高い土地に住まずに平均収入が低い地方に移住することが平穏を取り戻せます。

お金がない不安は対外的な見栄っ張りも原因に

他人と生活レベルを比較したときに劣っていたりすると自尊心が傷つくプライドが高い人は、十分なお金がないと今現在不安を感じる傾向にあるようです。

プライドは女性よりも男性が強く、これが原因で40~50代で失業や事業の失敗により貯蓄が無くなると自殺を考えてしまう男性が多いのでしょう。

見栄っ張りは生来の性格で治すのは難しいですが、他人に迷惑を掛けることが恥ずかしいと思わなくなることが結果としてはお金がない不安を払しょくしてくれます。

周囲の方に頼れないという残念な性格が不安にさせてしまっているのです。

精神的な病気で不安神経症の方でない限りは、お金がないから不安というのは軽い程度の負荷であって、逆に良い刺激になり働く意欲になると思います。


 お金がない【どうしようもない緊急に必要】すぐに誰にでもできる

このページの先頭へ