30代や40代の貧困女子の現状

周りがどんどんと結婚や出産をしていく中、タイミングを逃したり、夢を追いかけているなど様々な理由で未だに未婚のまま一人で頑張っている30代や40代の貧困女子と呼ばれる層が近年急激に増加しています。 アルバイトやフリーターとして一人暮らしで生活をしていくことは、自由な様で実は家計はお金がないどうしようもないカツカツのケースがほとんどです。 先が見えない不安と戦う派遣社員やOLは、更に10年後どころか来年も同じ仕事を継続できているかもわからない様な環境もあります。

テレビでやっているボンビーガールまでは行かなくても、中には節約をしていく上で風呂なしアパートなどを選択している30代や40代もいます。 世間的にはいざとなれば女性にしかできない仕事があるのではないかと考えられていますが、どう考えても現実はそんなに甘くなく当然30路を超えればニーズもなくなってくるのです。 特に地方から上京してきたタイプで地元に変えるチャンスを逃してしまったパターンなどでは、かなり苦しい状況になっていると言えるでしょう。

30代の貧困女子で未婚の層が急激に増えている理由とは

貧困女子と呼ばれる層はほとんどが恋人がいなく、結婚も諦めて一人で生きていく事を選択している人です。 ワンルームのマンションを頑張って35年ローンで購入している件数も実際に伸びているようです。 当然のことながら将来のためには医療保険などを充実しなくてはいけません。

また学生の頃の奨学金などの支払いなども含めて、様々な借金を膨大に抱えてしまってお金が必要な厳しい生活もあります。 いずれにしても今後も消費税増税などに伴い貧困女子が右肩上がりに増加していく事が懸念されています。

「ひととき」という言葉は個人間融資でいう違法の売春

個人融資の掲示板というものが多数あります。 40代の貧困女子のようなお金に困った人が助けを求めて、見ず知らずの男性の人が貸してあげる仕組みです。 普通で考えると利息を取れば登録してないので違法になるので、元金のみの返済なのですが、それでは旨味がないし返済してくれないリスクが非常に高いです。 そこで「ひととき」という言葉があり、男女の関係でお金を貸しますよという掲示板になり、違法な売春スレスレでかなりグレーな仕組みです。

ひとときは利息だけなのか、返済を待つだけなのか、元金が要らないのかはそれぞれ違うようです。 30代や40代の貧困女子でも相手の男性がOKであればお金がない状態が解決することもあるようです。 出会い系サイトでエッチと引き換えにお金を貰うのは売春になり違法ですが、個人融資の掲示板のひとときは取締りが出来ないので、貧困女子の書き込みが多くなってきているようです。 サイトによっては、ひととき専用があるくらいなので男女とも合意で互いに問題解決ということでしょう。

シングルマザーの貧困女子の厳しい暮らし

実家に帰ることができた場合はまだしも、それが兄弟や家庭の関係上出来ず賃貸をしなくてはいけない場合は、かなり厳しい状況に置かれているようです。 近年、母子家庭やシングルマザーの労働環境はテレビや週刊誌などのメディアでも是非が議論されています。 これは話題になるだけで現実は特に何も変わっていないというのが感想です。

慰謝料も養育費も貰えないシングルマザーがいます。 やはり、毎日子育てをしながら正社員としてしっかりと働くというのは40代の貧困女子は難しいのです。

今後は40代の貧困女子の数も右肩上がりです

今後は40代の貧困女子も右肩上がりです。 中にはキャバクラやクラブでホステスなどのアウトローな水商売を選択したり、または男性相手の風俗などで働いている未成年の女性もいます。 短時間で効率よく働けるというのが理由ですが、今は毎月の収入はあっても年齢と共に需要が無くなり働き先が少なくなってしまいます。

もちろん経歴や資格としても何も残りませんので、本当に今のお金が必要な苦境を凌ぐという考え方になってしまっているのです。 貧困女子を自力で脱出する道が年収数千万の富裕層との再婚しかないとなると子どもがいる母親は今はそのつもりはなくても将来を考えるとしなくてはいけない状況になってしまうのかもしれません。 窮地になって慌てないように今の段階から市区町村に真剣に相談するなど早めの準備をしておきましょう。

特に20代前半で所謂出来ちゃった結婚をして、何らかの理由で離婚をしてしまった場合、相手から慰謝料や養育費をしっかりと貰えることもなく、ぎりぎりの暮らしをしています。 そしてワーキングプアとも呼ばれるのが、子育てをしながら空いた時間でいくら働いても生活が改善されないシングルマザーの貧困女子です。

恋愛をする余裕もない貧困女子の生活

もちろん夢や仕事が充実しているという回答は少なからずあります。 結果的に結婚をできるような状態ではない、そういったパートナーは見つけられていないのが事実です。 人生としてはお金が無くても、そういったやりがいがあれば心から満足できるかもしれません。 時間も余裕もなく異性との恋愛にも奥手になってしまいます。

様々な理由がありますが、40代の貧困女子の一番の特徴は恋愛も上手くいってないケースがほとんどだということです。 しかし健康状態などを考えると家族以外にも何かあった時に支えてくれる相手は必要なのではないでしょうか。
親はいずれ年齢と共に老いていき、大抵の場合は子供の自分より早く死亡するでしょう。

40代の貧困女子の生活は想像以上に苦しく大変です。 もちろん貧困女子が何か入院するような病気や怪我などをすれば介護をしなくてはいけない生活の立場には貴方がなるかもしれません。 お金が必要になると今の仕事を平常心で継続する事は不可能になるかもしれませんし、引っ越しや地元に変えることも選択肢として出てくるでしょう。

そうでない場合も自分が万が一、無理をし過ぎて働きすぎて体を壊してしまった際などは、女性として保険などに加入していてもずっとそれでやっていける訳ではありません。 収入が途絶えてしまうリスクも常に貧困女子には付きまとっているのです。 恋愛が全てではありませんがこれから一緒に歩んでいく生涯のパートナーがいるといないとでは安心感が全くと言って違うでしょう。


 お金がない【どうしようもない緊急に必要】すぐに誰にでもできる

このページの先頭へ