親に内緒での理由は迷惑を掛けたくない

特に毎日の生活においても会話が少なくしっかりとコミュニケーションが取れていない家庭に多い。 お金がないのを親に言えない、出来る限り金銭面で迷惑を掛けたくないという言葉です。 どうしても隠しておきたい、バレたくない時もあるでしょう。

これは本当にしっかりと返済をすることが可能な能力があるのであれば良いのですが、結果的には逆に余計な時間と手間を取らせてしまうケースがほとんどです。 高校生や大学生だけでなく最近ではフリーターなどでも自分の判断で行動をしようとすることが多く見られます。 怒られるのが怖い、面倒だという人もいるのではないでしょうか?

できる限り親に内緒ではしない方が良い理由

しかし責任が取れないのであれば結局は迷惑を掛けてしまうことになることを忘れてはいけません。 よく見られる理由としては女性がお金がないと困るの場合は親に言えない高額なエステサロンや整形費用です。 これは絶対に止められたり反対されるから言えないというパターンです。

これが男性の場合はパチンコやスロットなどによるギャンブルです。 怒られるのが嫌だったり、バイトをして働いて取り戻せるというどこから来るのかわからない様な自信も影響しているのかもしれません。 つまり、これは最初は自分一人の小さい力でどうにかしようと考えるものですが、ほとんどの場合失敗してしまいやり繰りができなくなってしまうのです。

お金に困ったら相談して市役所でお金を借りる

親が結婚資金を負担してくれないケースはより厳しい

相談しても絶対に許して貰えないから、お金がないが親に言えない、反対されてしまうことを恐れて勝手にバイトなどの行動をしてしまうようです。 頼らずに一人でもできると、5万円以上の高額の物だけでなくネット通販で勝手に買い物をしてしまう例も報告されています。 またゲームやアプリで巧みに課金となるようなアバターの購入だったりネットマネーでも、親に隠れて内緒で使用していることは頻繁にあるようです。

最初は小さな額でも一度でも覚えてしまったらどんどん罪の意識が薄れてそれが罪かなり気が付けばそれはお小遣いで返済できるレベルではない数十万円の額にも到達をしてしまいます。
今の時代はパソコンやスマホからクリック一つで簡単に欲しい商品を購入できるようになってしまいました。
上手くやれる対策はあるのでしょうか?楽天モールやamazonでも既に新規アカウントを持っていればIDなどの入力などをしたままにしていれば、このように親に内緒ですぐに決済ができてしまいます。

誰でも可能な親に内緒で合法にお金を作る方法はあるのでしょうか。 非常に便利ですが予測不能なリスクも大きくあります。 最初からこれができないように契約時にこの機能を除外しておけばよいのですが、それをしていないと親に内緒で借入もできるようなります。 迷惑や面倒を親族に掛けたくないという言葉が、かなり多くあります。

返済日に少しでも遅れると親に内緒がばれる?

既に消費者金融で借金をしていて同居している親に内緒のケースで、1日でも延滞したら自宅に電話が来てバレてしまうかというとその危険性はありません。 大手のプロミスなどでは延滞があると最初に本人の携帯にバレないように直接電話があります。 そこでお金がないので何日までに確実に返済しますと約束できれば、それ以上の追及はありません。

もし約束を守らないと自宅の固定電話に催促が来て、最終的には親にばれる羽目になってしまいます。 普通の借金なら行き詰まる可能性は低いですが、自分の年収の半分以上の借入額になると返済の為に借入する自転車操業になり遅延が目立ち始めます。 親に内緒なのをお金がないのを打ち明ける基準としては、年収の半分の借金になってしまった時点で、それ以上は頭を下げて親に正直にお願いしてみましょう。

お金がないのを親に言えないのは同居しているから

基本的にはどの世代を見ても親に内緒でという行為は後ろめたさが確実に潜んでいることがほとんどです。 最近ではキャッシングの新規の契約はより簡単になっています。

ご飯を食べている時もスマホを弄っていたりテレビを見ていたりで、このように今日起きたことや学校での出来事を相談したり話をする機会が潰れてしまっているのです。 それに伴い情報だけは以前よりも数十倍以上に膨れ上がり、子供でも知識があるかのようになってしまいます。 お金がない時は、親に言えないで自分のやり繰りでは支払えないという判断が言い換えればできるのです。 現代社会では同世代のコミュニケーションが不足しているとは言われていて、家庭での会話も減少している傾向にあります。

失敗しやすい親に内緒で行動するデメリット。 もちろん自分の短い時間のバイトの収入だけでは無理で、誰かのサポートがなければ手に入れることは不可能なのです。 それを踏まえて勝手にキャッシングの契約などをすることをしないようにして、しっかりとお金がないで困っているのを親に言えるようにしましょう。 恥ずかしい気持ちや情けないという思いを超えても欲しいものであればきっと納得してくれるでしょう。 それができないのであれば、親に内緒ではなく冷静に判断して今の時点では諦めるということもこれからの人生を考えていくと大切になってきます。 高額でなくても相談をするようにしましょう。


 お金がない【どうしようもない緊急に必要】すぐに誰にでもできる

このページの先頭へ