銀行でお金が必要な理由を聞かれたら

銀行や行政の融資の際にお金が必要な理由を聞かれる審査があります。 個人や消費者金融と違い、何に使うかを証拠として見積もりや請求書がないと審査が通らないことが多いです。 実際に買う前でも大丈夫で、家のリフォームの見積もり表を持って行って合格したら別の用途に使ったということも可能です。

数十万円~数百万円の借入でお金が必要な理由としては、英会話教室やパソコン教室の勉強や資格取得などもあります。 生活費に消えるような言い訳では銀行とかでは融資はして貰えないので、尤もらしい生産的な使い道を考えましょう。 後で実際に用途として正確に使ったかどうかは、問われる場合とそうでないケースがあるので事前に調べましょう。

親にお金が必要な理由の言い訳

統計で一番頼って借りている相手で多いのが親だという結果だそうです。 お願いしやすいというのもあります。 お金が必要な理由としての言い訳は、将来の自分の成長の為に使うが正解になると思います。 親としては子供の成長は喜ばしく歓迎してますので、資格の取得や起業やチャレンジは貸してくれる理由になり得ます。

実際に使う証拠が見せれない場合には、パソコンの高度な技術ソフトを購入して勉強するという言い訳で親にお金が必要な理由になり、ITリテラシーが高くなければばれないと思います。 最近では10万円以上するアドビのソフトも多く登場しているので価格表をプリントアウトして見せて納得してもらいましょう。 デザイン系やプログラミング系のソフトなら実際に資格を取得してない人も多く独学が多いのでお金が必要な理由としては最適です。

会社でお金が必要な理由を申請する場合

勤め先の会社によってはお金が必要な理由が全うであれば福利厚生の一環として親切にも貸してくれるところもあります。 無利息で貸すと従業員の給与と税法上なってしまうので、僅かですが利息が掛かる場合があります。 会社に必要な理由の言い訳として大丈夫なのは、急な災害や身内に不幸で資金が足りなくなった場合です。

毎月浪費で生活費が足りなくて消費者金融で借りまくっているケースでは会社も福利厚生として助けてくれないので、急な不幸を演じるしかありません。 一時的な不足な出来事だったなら、今後もモチベーション高く働いて貰えるなら融資をしてくれるでしょう。 お金が必要な理由としては希望の金額にもよりますが、身内の不測の入院や不幸でばれにくいのを考えるようにしましょう。

消費者金融などでお金が必要な理由として駄目な言い訳

一番相手に納得して貰えないお金が必要な理由は、リターンが不確定なギャンブルや投資に使うことです。 自分の金儲けの為に他人にお願いしてリターンがあるかどうかリスクがあるというのは、消費者金融だけでなくどんなところも断られる一番駄目な言い訳です。 善意で貸すことで将来的に返済の見込みが薄いのは相手にしてもらえないので気を付けましょう。

知人の金貸しのところにお金が必要な理由として正直に競馬の攻略情報に使う。パチンコの攻略法を購入するのに10万円貸してほしいという話があるようですが、絶対貸さないようです。 そのような賭け事に負債をして借りて使うような人間に信頼はないので当然と言えば当然ですが、一番嫌われる理由がギャンブルです。


 お金がない【どうしようもない緊急に必要】すぐに誰にでもできる

このページの先頭へ